知っておきたいブータンの基礎知識 ~旅を100倍楽しむために~

ブータン旅行 TOP > 知っておきたいブータンの基礎知識

ブータンってどんな国?

ヒマラヤの南に位置する小さな国、ブータン。20世紀半ばまで鎖国状態にあったため、貴重な自然や独特の文化が色濃く残っています。そのためか「観光旅行がしにくい国」というイメージがありますが、そんなことはありません。今では日本人をはじめ、世界各地からその国の魅力に惹かれ、毎年多くの観光客が訪れています。

ブータンという国

前国王ジグミ・シンゲ・ウォンチュクの「国にとって大切なのは国民総生産(GNP)ではなくて国民総幸福(GNH)である」という言葉に象徴されるように、豊かな自然と豊かな心を持った人々が最大の魅力であるブータン。

訪れた人は皆こういいます。
「世界のどこにもない魅力がある」
そうして二度、三度と足を運ぶ旅人が多いのも、この国ならではの特徴です。

基本情報

ブータンへの観光旅行には、他の国にはない特殊な決まりごとがあります。事前にご確認ください。

知っておきたい旅の基礎知識 ~滞在費・ビザなど~

国名 ブータン
正式名称:ブータン王国(Kingdom Of Bhutan)
※ブータン人自身による国名は「ドゥク・ユル(Druk Yul)」
首都 ティンプー
時差 -3時間
※日本の朝9時=ブータンの朝6時
国番号 975
面積 38,394km2 ※九州の0.9倍
人口 697,335人(2011年度国勢調査)
国語 ゾンカ(公用語)の他、学校教育で使われている英語、ネパール語やヒンドゥー語も通用し、ブータン各地では数多くのブータン方言が話されています。
通貨 Nu(ヌルタム)。インドルピーと等価で使用されており、国内ではインドルピーも利用可能です。
※補助通貨としてチェトラム(Chetrum)
国教 チベット仏教カギュ派の中のドゥク派
国獣 ターキン
国鳥 ワタリガラス
国花 ブルーポピー(メコノプシス・グランディス)
国の木 イトスギ

メールでのお問い合わせ