ブータンについてのコラム

ブータン旅行 TOPブータンについてのコラム
ブータンのツアーを計画中なら添乗員やガイドが同行可能なGNHトラベル&サービスへ~ブータンの歴史~

ブータンのツアーを計画中なら添乗員やガイドが同行可能なGNHトラベル&サービスへ~ブータンの歴史~

ブータンのツアーに参加しませんか?~日本語が話せるガイドが同行する安心プラン~

ブータンのツアーに参加しませんか?~日本語が話せるガイドが同行する安心プラン~

ブータンツアーに参加してみたいという方は、ぜひGNHトラベル&サービスをご利用ください。全てのプランに日本語が話せる現地のガイドが同行するため、ブータンだけでなく海外自体が初めての方も安心です。

何度もブータンに来ていて、もっと深く知りたいという方にも、ガイドブックには載っていないような情報をお届けすることができます。

ブータンを満喫していただくために様々なツアーを用意していますので、幸福の国を旅してみたいとお考えでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ブータンのツアーを提供するGNHトラベル&サービスは添乗員の同行も可能

ブータンのツアーを提供するGNHトラベル&サービスでは、ご要望に応じて日本から添乗員が同行することも可能です。

年間を通して開催されているお祭りや各地に存在する寺院への参拝、手つかずの大自然などを堪能していただくために、お客様に合った旅行スケジュールをご提案いたします。

何度もブータンを訪れ、これまでにも多くのツアーに同行してきたスタッフが対応するため、現地ではゆっくりのんびりと過ごせるのが人気の理由です。

ブータンが幸福の国となるまでの歴史

ブータンが幸福の国となるまでの歴史 初代国王 ウゲン・ウォンチュク陛下

ブータンはもともと、チベット文化圏に属する一地域でした。7~8世紀頃にはブータンにもチベット仏教が根付いていましたが、9世紀にポン教を信仰していたチベット国王ラン・ダルマ陛下によって仏教の弾圧政策が始まり、多くの仏教徒がブータンに逃れてきました。

12世紀になるとチベット仏教が復興し、ブータンにもカギュ派・ニンマ派・カダン派など様々な宗派のチベット仏教が伝わったことで、17世紀頃まで地方ごとに仏教勢力が入り乱れる群雄割拠の時代が続きました。17世紀にドゥク派の僧であるンガワン・ナムギャルがブータンへやってくると、チベットとの戦いに勝利をおさめ、最高の宗教権力者を意味する「シャブドゥン」という称号を得て国家を統一します。長い間、群雄割拠の時代が続いたブータンですが、シャブドゥンによって政治的、軍事的な統一が進められ、周辺諸国からも国家として認知されるようになったのです。

18世紀半ばになると、インドなどの周辺地域への進出をもくろみましたが、これがイギリスとの戦争に発展し、敗戦してしまいます。その後、ブータンとイギリスはシンチュラ条約を締結し、イギリスとかかわりを持つようになります。

1907年、イギリスの呼びかけによってウゲン・ウォンチュク陛下が初代国王に任命されました。1910年にはシンチュラ条約を改定したプナカ条約を結んでイギリスとの関係を強化し、ブータン国内を発展させるため、インフラ整備や国内の流通を活発化させるための政策を実施しました。

第3代国王ジグミ・ドルジ・ウォンチュク陛下が即位すると、国際社会への参加を積極的に行い、1971年には国連への加盟も果たします。急激な近代化政策に反感を持つ一部の国民によって混乱する時期もありましたが、1972年に即位した第4代国王ジグミ・シンゲ・ウォンチュク陛下が「国民総幸福(GNH)」を提唱したことにより、経済的・物質的な豊かさよりも幸福を目指すという思想が広まりました。この思想は諸外国からも大きく注目され、現在も「幸福」というワードがブータンの代名詞となっています。

ブータンのツアーならGNHトラベル&サービスにお任せ!

社名 株式会社グローバルネイションホリデイズトラベルアンドサービス
所在地 150-0031 東京都渋谷区桜丘町9-18 タカシマ桜丘マンション304
電話番号 03-6416-1555
ホームページ
業務内容 ブータン旅行のプランニング・手配。ブータンを心から愛するスタッフによる旅行会社
説明 「ブータンの旅を満喫してもらいたい!」の一心で皆様の旅をお手伝いしています。ツアーではなくのんびり過ごせる個人旅行は、ゆっくり観光をしたいという方にぴったり。私たちは、「自分だけのプランを組んでほしい!」という方の強い味方です!

コラム一覧

メールでのお問い合わせ