ブータン国営・ドゥック航空

ブータン旅行 TOP > ブータン国営・ドゥック航空

ブータン国営・ドゥック航空

ブータン国営・ドゥック航空

ドゥック航空(KB)は1981年設立の国営航空会社。
1983年からドイツ製のドーニエという18席のプロペラ機材で比較的近距離の路線(コルカタ~パロ、ダッカ~パロ)の運航を開始しました。
1988年にイギリス王室より贈られたブリティッシュエアロスペース(BAe)2機を導入し(後に売却)、2004年にはエアバス319を2機購入。そして2010年には小型のATR42を1機、2012年には新たにエアバス319を1機導入し、現在は4機の機材で運航しています。

  • ブータン国営・ドゥック航空
  • ブータン国営・ドゥック航空

現在ドゥック航空の国際線定期便はパロとバンコク、シンガポール、ダッカ、カトマンズ、デリー、コルカタ、バグドグラ、ガウハティ間を運航しており、季節によってはインドのガヤにも運航しています。
以前は欠航や遅延が頻繁に起こっていましたが、新しい機材を導入した事でその確立は大きく減りました。
また、新規就航路線としてインドのムンバイへの運航も開始予定です。

飛行機でパロに向かう際は空港でのチェックインの際、左の窓側の席をリクエストしましょう。
晴れていればパロ到着の直前に、カンチェンジュンガを始めとする雄大なヒマラヤの景色を楽しむ事が出来るかもしれません。

  • ブータン国営・ドゥック航空
  • ブータン国営・ドゥック航空

2011年12月からは国内線の運航が始まりました。

現在定期便を飛ばしているのはパロと中央ブータンのブムタン谷・チャムカル(ジャカル)、東ブータンのタシガン近くのヨンプ・ラとを繋ぐ路線のみとなりますが、その他にも南ブータンのゲレフにも空港が完成し、近い将来の運航開始が予定されています。この南部のゲレフ空港はブータンで二番目の国際空港としても活用していく予定です。

  • 【中央ータン・ブムタン空港】

    【中央ータン・ブムタン空港】

  • 【東ブータン・タシガン近郊 ヨンプ・ラ空港】

    【東ブータン・タシガン近郊
    ヨンプ・ラ空港】

  • 【建設中の南ブータン・ゲレフ空港予定地】

    【建設中の南ブータン
    ・ゲレフ空港予定地】

ドゥック航空国内線運航スケジュールはこちらから

現在のところ国内線は週数本の運航ですが、将来的には毎日運航を目指しています。国際線の路線も今後増やして行く予定です。

 お問い合わせ